終物語「ひたぎランデブー其ノ壱・其ノ貳」レビュー・感想

7pt   2017-08-13 11:37
ヲタブロ 

08433880-s.jpg

名前でんで

私のこと、名前で・・・

地獄から蘇り、人間として生活していた暦。

そんな中、突然彼は3月14日のホワイトデーに戦場ヶ原ひたぎから

デートの誘いを受ける。

そのデート当日にひたぎはレンタカーを借りて暦を迎えに

くるのだが、デートの目的地であるプラネタリウムで彼は

忍野扇との対話をする夢を見てしまう。

手折正弦から敵だと言われた扇を前にして彼ははたして、彼女から何を

語られるのか・・・


そんなわけで、今回はガハラさんとのデートの模様が描かれるエピソード。

受験も終わって後は結果を待つばかりの暦に突然デートを申し込む

彼女でありますw

しかし、そんなデートの最中のプラネタリウムで寝ている暦の夢の中に

現れたのは件の事件の元凶だと言われる忍野扇ちゃん。

彼女は星座の神話になぞらえながら暦と関わったヒロインたちの不吉な

話を始める。

果たして、そんな扇ちゃんの正体が気になる本作です。







  c?ro=1&act=rss&output=no&id=5068046&name
   美少女アンテナトップページへ
の話題が沢山。