ジャムおじさん「ちっ・・・銃がジャムっちまったぜ」

40pt   2019-05-16 17:00
SSなび

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/16(火) 03:10:56.06 ID:nqaPMd0FO
ここはパン工場
普段は暖かな雰囲気とパンの焼ける香ばしい香りに包まれているこの場所に、普段とは違う物々しい気配と硝煙の匂いが覆い尽くしていた
パン工場の付近にはカビルンルン――バイキンマンの努力によって忠実、かつ理性的になった――がその手に持ったSCARの銃口をパン工場の各出入り口に向けている

バイキンマン「まだ撃つなよ」

そう指示を出すバイキンマンはいつものUFOに乗りながら、コクピットに持ち込んだM60のグリップを撫でた
バイキンマンの口元には下卑た笑みが浮かんでいる
ついにここまで来たのだ
この瞬間のために尽くした労を脳裏に浮かべ、その辛い過去を振り払うように頭を振った

バイキンマン「アンパンマン…お前はこれで終わりだ」
   美少女アンテナトップページへ
の話題が沢山。