文香「夢から覚めぬ夢」

34pt   2019-05-14 20:00
SSなび

2: ◆TDuorh6/aM 2016/08/23(火) 23:25:08.42 ID:zjxhfud6O
…ふぅ…疲れました…
暑い、ですね…
こう言った日は…ダンスレッスンではなく、涼しい部屋で本のページをめくりたいものです。
そうは…思いませんか?
…そうですか。


いえ、嫌と言う訳では…
ただ単純に、一緒に本を…
それにしても…プロデューサーさんは、全く暑そうではありませんね。
ちひろさんが、冷房を29度に固定していた筈ですが…


…え、部屋の隅、ですか?
何やら、ソファを集めて会談を行っている様ですが。
何をしているのでしょう?
…行かないでくれ?
珍しいですね…プロデューサーさんが、そんな辛そうな表情をするだなんて。


…冷蔵庫にお茶が冷えてる、ですか。
私の記憶が正しければ、確か空になっていた様な気がしますが…
そんな、わざわざ買いに行っていただくわけには。
既に、汗は引いてますから。


皆さま…一体、何を…
…成る程、そういう事でしたか。
そう言えば、そうでしたね…
会談ではなく、怪談だったと…
60点ですか…厳しいですね。


確かに、今日の様な暑い日にはうってつけかもしれません…
私は、あまり同級生とそういった事をした経験はありませんが…
でしたら…折角ですし、私も一つ…
プロデューサーさんも…そうですか。


では…ここは、書によって蓄えられた知識から、一風変わった話を。
普通の怖い話では、小梅さんの方が向いているでしょうし。
それに、奈緒さんや凛さんにはその方が楽しんでいただけるでしょうし。
…プロデューサーさん、キーボードの音が大きくなりましたね。


そうですね…これは、以前私が見た夢の話になります…
…え?何処かで聞いた様な切り出し、ですか?
先を越されてしまったようですね…
私の、お気に入りの冒頭だったのですか。


さて…気ににせず進めさせて頂きます。
少し、長くなるかもしれませんが…
よろしければ、お付き合い下さい。


今から、少し時間は遡ります。
あれは…私、鷺沢文香がプロデューサーさんと出逢う前の日の夜。
まだ私が…本以外の世界を知らなかった頃。



   美少女アンテナトップページへ
の話題が沢山。